歌う花言葉、愛と希望と感謝の思いを伝えよう

ポピー花言葉(ピンク等)の由来は神話から。癒しの女神になる3つの方法

この記事は3分で読めます


どうも、じゅんぺいです。

ポピーの花言葉というと、どんな言葉を思いつくでしょうか。

いくつかありますが、総じて言えることは、『癒し』なんじゃないかと思います。

それは、花言葉の語源のギリシャ神話からもわかります。

今回は、ポピーの花言葉の由来となったギリシャ神話を紐解きながら、癒しとは何なのか?を考えていきたいと思います。

google Sponsored Link1

ポピーの花言葉

ポピーの花言葉を以下に書きますね。

全般的なもの

・いたわり
・思いやり
・恋の予感
・陽気で優しい


色別の花言葉は、

ポピーの花言葉(赤)


・慰め
・感謝


ポピーの花言葉(白)


・眠り
・忘却


ポピーの花言葉(黄)


・富
・成功


ポピーの他の色(ピンク、青、オレンジ、紫)




調べましたが特になさそうなので、全般的な花言葉と同一と考えて良いでしょう。

・いたわり
・思いやり
・恋の予感
・陽気で優しい


ポピーの花言葉の由来となった神話


ポピーの花言葉の由来となったギリシャ神話を一つ紹介します。


豊穣の女神デメテルは非常に心が痛んでいました。

その理由は娘のペルセポネーが行方不明だったからです。

その理由を知る為に太陽神ヘーリオスに聞いたところ、冥界の神ハデスがペルセポネーを連れ去ったということでした。


そして、皮肉なことに、その誘拐は、全知全能の神をゼウスが関わっていることを知ります。

ペルセポネーは、デメテルとゼウスとの子供。様々な思惑があったにせよ、母親の自分に何の説明もなかったことに、デメテルは深く傷つきます。


その傷を癒そうとしたのが、眠りの神ヒュプノスです。

ヒュプノスはポピーをデメテルに贈り、癒してあげようと考えました。


贈ったポピーの花により、デメテルの心は安らぎ、久々に深い眠りにつくことができました。


実は豊穣の神デメエルが働かなかったせいで、大地は荒廃していたのです。それをヒュプノスのポピーが救ってくれました。

豊穣の神デメエルがポピーと関係していると言われるのはこうしたところにあります。

ヒュプノスの兄弟姉妹は「争いの神」や「死神」と言った非常な性格の中、ヒュプノスだけは唯一癒しを与える存在でした。


ヒュプノスは他の神々に比べて大きな力、現状を打破する力は持っていませんでしたが、「いたわり」「思いやり」「慰め」「眠り」などを通してデメテルの気持ちを癒しました。


そして活力を取り戻したデメテルは、娘のペルセポネーを連れ戻すことに成功します。


このように活力を取り戻し、次に繋げる後押しをするのが『癒しの力』だと思います。


癒し女神になる3つの方法


僕自身は、恋愛や夫婦関係の相談に乗る仕事をしていたりします。それらの経験によって、癒しとは何なのか?を考えてきました。


「癒し」と「依存」は表裏一体ではありますが全く異なるものです。この意味を踏まえた上で、癒し女神になる方法を考えてみます。

1.気持ちを受け止め、理解する


傷ついた心を癒すには、先ずは相手のアイデンティティを認めてあげることです。

相手の考え方を、そういう考え方もあるんだね、と理解を示してあげる。

納得、共感する必要はありません。


人は生まれながらに価値がある筈ですが、時の経過とともに忘れてしまいます。

あなたがいるだけで、価値があり、必要な人間なんだ、と認めてあげます。

相手の目をしっかりと見て、相手が満足するまでは話を聞いてあげたいですね。

2.帰ってこれる場所


相手が満たされたなら、問題に対して解決するために前向きになってきます。

でも、その問題が大きければ大きいほどに、ダメージを受けて、動けなくなってしまいます。

そんな時に帰る場所としていつでも存在し、エネルギー補給機としてサポートします。

起こっている問題に目を向けられるような環境作りですね。


・部屋を綺麗にする
・美味しいご飯を作る
・悩みがあったら話しやすい様な雰囲気を作っておくなど。


3.目先の損得ではなく成長を促す


新しく何かをするためには、これまでのやり方を否定する必要があります。


時には相手の意見を否定してあげる必要もあるでしょう。

たとえその場では喧嘩などが起ころうとも、その人に言う必要があるものは言って、相手の成長を促す様に考えて接します。

総じて言える事は相手に活力を与えるという事です。

愛のある言葉を掛けられれば、前向きになって活力が上がります。

逆に否定されれば気持ちが下がって、活力が下がります。

相手を言いくるめて否定する程に元気になる人がいますが、その人はそうやって相手の活力を奪い取っているんですね。

そういう人はおのずと人が離れて行きます。やはり与える人になりたいですね。


google Sponsored Link2


最後に


今回は、ポピーの花言葉に関して、ギリシャ神話を元に「癒し」を考えてみました。

単なる甘えさせは、相手の依存心を生んでしまうし、直接的な言葉以外にも伝える方法はあります。


特に男性の場合は、エネルギー切れになると、依存体質になりやすいし、そうしたものを求めてきます。


そうした表面的な癒しを与えるのではなく、人生が進む様な後押しをしてあげたいですね。


最後に、ポピーの花言葉もう一度お伝えします。


・いたわり
・思いやり
・恋の予感
・陽気で優しい

色別の花言葉は、
ポピーの花言葉(赤)
・慰め
・感謝


ポピーの花言葉(白)
・眠り
・忘却


ポピーの花言葉(黄)

・富
・成功

google Sponsored Link3

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP