歌う花言葉、愛と希望と感謝の思いを伝えよう

千日紅の色別花言葉(赤白紫ピンク)結婚にオススメな4つの理由

この記事は4分で読めます



今回は千日紅の花言葉の紹介をするのと、特に結婚にオススメな4つの理由をお伝えします。

どうも、じゅんぺいです。

今回の花言葉の結論は「嫌でも色褪せない恋」ですね。結婚にオススメな意味ですが、浮き足立った話だけではなく、リアルな部分も見えて来ます。

この花はプロポーズ、婚約、結婚を境にして贈るのに最適です。

ただ、結婚10年近い人間が感じるリアルな部分でもあるので、ラブラブな結婚を望む人には、少し重いかもしれません。

恋愛の延長に結婚は無いので、知っておくのは良いかも知れませんね。


『千日紅』GO!GO!7188、『千日紅の恋人』 帚木蓬生などの文学作品を通した考察も実施します。



google Sponsored Link1

千日紅の花言葉の全般の花言葉


千日紅の花言葉は

・色褪せぬ愛
・不朽

です。他にもいくつかありましたが、
同じような意味なので言葉を絞りました。

このような花言葉になった理由は、2つあります。

百日紅(サルスベリ)よりさらに花持ちが良く、ワンシーズン咲き続ける為、100→1000ということで千日紅となったという説ですね。


とは言え、1000日は咲けないのですが、実はドライフラワーにしやすく、これで1000日は持つだろう、と。

ドライフラワー向きだから、というのが2つ目の理由です。

ドライフラワーの作り方は千日紅を逆さまに束にして、エアコンのドライにしておけば勝手に出来るそうです。




ドライフラワーで1000日持たないという事であればプリザーブドフラワーはどうでしょうか。我が家のプリザーブドフラワーは8年(3000日)経っても変わりません(笑)


千日紅が結婚に向く4つの理由

千日紅が結婚に向くのは4つの理由からです。それは先ほど挙げた、

1.「色褪せぬ愛」「不朽」の花言葉
2.ドライフラワー、プリザーブドフラワーにしやすい



と言われているためです。上記は多くのサイトなどで見られる意見です。

もう二つほど結婚に向く理由を考察したいと思います。

それが以下の二つの文学作品です。


3.『千日紅』GO!GO!7188
4.『千日紅の恋人』 帚木蓬生



ですね。

僕の個人的な意見になりますが、結婚生活は理想と現実のギャップをどう埋めていくのか?だと思います。

すなわち、結婚前は結婚とは恋愛の延長線上という考え方があり、その考えのまま進めると、ラブラブ夫婦が続かなくなってしまうんですね。


色褪せぬ愛情や不朽という意味合いは、理想の思考の部分になります。

そして現実面の思考についてが、上記の文学作品です。


この二つの作品は、多くの花言葉サイトで言われているような浮き足立った話しは皆無です(笑)

この結婚に対するリアルな現実面を語っても良いものか、悩むところですが、何とかやってみます。

千日紅の花言葉は負のスパイラル!?

GO!GO!7188さん(以下略称)の曲は以下になります。

千日紅の音声動画


GO!GO!7188 は女性ロックバンドですが、ダークも包み隠さずリアリズムを追求するバンドなので、浮足立った恋愛はありません。


歌詞を見ると、千日紅の赤いポンポンちゃんに悩みを打ち明けています。



僕の解釈ですが、これは、仲が上手くいかない夫婦が、千日紅に相談している様子だと感じます。

その姿は、もう二人離婚するしかないという結論に見えます。

愛とは何だ?孤独とは何だ?生きるとは何だ?



彼女は琥珀色した夕陽を見てからずっと永遠に悩み続け、やがて突き抜ける朝の青い空を見いだします。

これは希望の未来なのか、それとも、結婚最後の空なのか?

解釈によっては1000日(約3年)悩んだ事になりますね。

千日紅の歌詞はこちら

ホームページ



次に、『千日紅の恋人』の話に移ります。



千日紅の恋人では、38歳のバツ2の時子が親の遺したアパートの管理人をする話です。


時子は最初の夫は事故で死別、2回目の夫とは、不仲により離婚。

もう結婚による幸せは諦め、父の遺したアパートと、母の面倒を見ながら、今ある問題を次々に解決していく物語です。


アパートの管理人なので、劇的な変化もなく、かと言って楽な訳でもなく、地味に苦労する生活です。(入居者があまりに個性的の為)

こちらも千日紅の花言葉の様に、永遠に続くかのように思えました。

でも、そんな中、20代後半の好青年と出会い、恋に落ち、幸せを掴む話です。



時子の生き方は、前向きに現実を見据え、今できることをできる限りやる。

芯があるこの生き方は、永遠にこのままだと思われた状況を一変させました。



この二つの作品の共通点は、永遠かと思われる先の見えないことであっても、腐らずに続けていればやがて状況が変わってくる、という事ですね。


結婚したらこのような状況に陥る事が予想されます。


結婚後に起こりうる問題

多くの家庭が直面する問題は、もうパートナーをあてにせずに、シラけてしまい、それが永遠かのように感じてしまう事です。

この手の話は大丈夫、という家庭をほぼ見た事がないので、必ず来ると思うし、乗り越える必要のある壁だと思います。


夫なのか、妻なのかどちらに非があるにせよ、一度失った信用を取り戻すのは容易なことではありません。


例え気持ちを入れ替えたとしても、簡単には修復できず、まるで永久とも思える程の修復の期間が必要です。

我が家の場合の話をすると僕に問題がありました。仕事に没頭するあまり、家庭を見れていなかったのです。


修復には10ヶ月程かかりましたが、先が見えない以上、本当に永遠かと思いましたが、何とか持ち直してきたところです。(本当に大変でした(笑))



千日紅の花言葉は、

・色褪せぬ愛
・不朽


です。


結婚を期に、色褪せぬ愛を誓う事になりますが、それは自分たちの決意の表れともなります。



GO!GO!7188しかり、千日紅の恋人しかり、僕の経験しかり、腐らずに前向きに取り組んでいれば乗り越えられる筈。





問題が大きければ、大きいほど、解決した時の愛の深さは計り知れません。目の前のトラブルに恐れて先延ばしにするのではなく、誠心誠意ぶつかり合って、正しい方向に進んで行きたいな、そんな風に僕は思っています。




結婚前にこうした話をするのも良いかも知れませんね。




この記事を読んだあなたの心が温かくなる事、心よりお祈りしています。

google Sponsored Link3

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP